名刺に使われる紙の種類とサイズ形状

ビジネスの現場で初対面の人同士が会ったときには、まず名刺交換を行うのが普通です。名刺は小さく、しかも墨1色で印刷することが多いためか、印刷物の中では地味な存在に見えます。しかし、その用途を考えれば、人と人を結ぶ大切な役割を持っているのです。その作成方法にはいろいろな種類があります。中でも最も長い歴史を持つのが活版印刷(活字を主体として組んだ版を利用して印刷する技法)です。一時期までは名刺印刷といえば活版印刷というのが半ば常識でした。しかし現在では、写植を利用して文字を組み、平版(オフセット)で印刷する方法、あるいはパソコンを利用して作ったデータをプリンターで出力する方法が多くなってきています。名刺に使われる紙ですが、一定の大きさにカットされた既製の紙に印刷をすることが多いことから、名刺作りを行う時には紙の大きさや種類などが重要なポイントになってきます。


紙の大きさと形ですが、いくつかのサイズがあり、形も四角だけではなく角丸タイプや二つ折りタイプも準備されています。大きさでいえば、公私の別なく、最も多く使われるのは4号です。これは55mm×91mmのサイズになります。これに対して小型の名刺や角丸タイプのものは女性向きになります。形状としては表裏一枚のものが圧倒的に多く使われていますが、その一方では、二つ折りタイプも使われています。通常印刷するような項目、つまり名前や会社名などを外面に入れ、内面には自社の製品などを印刷して、営業関係の人が使うケースが多くなっています。これらの中からどれを選ぶかによって、デザインスペースがかなり違ってくることになります。また、紙の厚さも豊富ですが、たくさんの名刺を持ち歩く人は薄手の紙を好む傾向があります。しかし紙の厚さは、やり取りするときの手触りにも影響してくるため、かさばるかどうか、という理由だけで決めるのではなく、現物見本を手にとって、確かめてから選ぶようにしたいものです。紙の種類も多様です。ケント紙や再生紙をはじめとして、合成紙や和紙である場合もありますし、ケナフの茎の繊維や非木材紙もあります。


また、紙ではなく、桐や檜の薄い板まで準備している場合もあります。表面の状態については、大きくは光沢がある紙、微光沢の紙、艶消しの紙に分かれ、他に格子や絹目状のエンボス紙(浮き出し加工によって凹凸を付けた紙)もあります。光沢の有無によって見栄えが変わってきますし、エンボス加工によって手触りが大きく違ってきますので、これも紙を選ぶときの重要なポイントになってきます。

Blog Home